【職場で使える】サンクスカードの例文をシーン別にまとめ

職場内のコミュニケーション活性化や風土改革のために、「サンクスカード」を活用している企業も多いのではないでしょうか? サンクスカードは、“日々の業務の中で感じた感謝の気持ちを手紙に変えて贈る”という内容の社内制度です。

社内コミュニケーションの活性化や従業員のモチベーションアップなどさまざまなメリットがあるサンクスカードですが、いざ贈ろうと思うとなかなか文章が思いつかないという方も少なくありません。

そのような悩みを抱えている方に向けて、本記事では職場でサンクスカードを贈るときに役立つ例文やテンプレートをご紹介します。サンクスカードのメッセージを考えるときに、ぜひお役立てください。

サンクスカードとは?

例文をご紹介する前に、まずサンクスカードとは何か?について説明します。サンクスカードとは、社内のコミュニケーション活性化や社員定着率の向上、従業員のモチベーションアップを目的に行われる「人事制度の一種」です。

仕事を行う中で、同僚や上司といった社内の関係者に対して感じた「感謝や尊敬の気持ち」を、メッセージカードとして相手に渡します。

「ありがとうカード」や「サンクスレター」、「サンキューカード」など、実施する組織によって企画にはさまざまな呼び名が付きますが、いずれも大枠の内容は同じであることがほとんどです。

サンクスカードの運用方法

サンクスカードの運用方法として、最もポピュラーなのは「紙のカード」を使った方法です。名刺サイズの紙のカードに、一文程度の手書きメッセージを添えて、相手に渡します。

紙のカードは「手書きのため温度感が伝わりやすい」「導入や運用にコストがかかりにくい」というメリットがある一方、データの集計作業に大きな工数を必要とするのがデメリットです。従業員数が少なければ問題ありませんが、3桁を超えるような場合、手作業でカードを集計するのは工数がかかりすぎるため、あまり望ましくない選択肢といえるでしょう。

データ集計のデメリットを解消できるのが、「専用システム」の活用です。市場には、サンクスカードの制度運用に役立つ専用システムが豊富に流通しています。クラウドで使えるものが大半であり、電子上でカードの送受信を行えるのが特徴です。

システム上にデータが蓄積され、自動でデータ集計が行われます。“誰がどれくらいカードを贈ったのか”はもちろん、チームごとの送受信数を算出し、施策のデータ分析に活かすことも可能です。

サンクスカードの例文・テンプレート【職場シーン別】

それでは、サンクスカードに書くメッセージの例文やテンプレートをご紹介します。贈る相手の属性ごとにまとめているので、贈りたい相手に合わせて参考にしていただけます。

また、専用システムを活用している場合、システムの仕様上、メッセージの文字数に制限が設けられていることもあるでしょう。その参考情報として、各例文の文字数も合わせて記載しました。ぜひご活用ください。

マルチに使える例文・テンプレート

まずは、さまざまなシーンでマルチに使える例文をご紹介します。気軽に使える短めなメッセージをまとめたので、他に伝えたいことと組み合わせて活用いただくのがおすすめです。

例文文字数
〇〇の件、相談に乗っていただいてありがとうございました!28
いつも快く笑顔で対応してくださり、ありがとうございます!28
〇〇さんのポジティブさに、いつも助けられています!25
〇〇の件、フォローいただいて本当に助かりました!24

同僚同士で使える例文・テンプレート

続いて、同僚同士で使える例文をご紹介します。同僚とは、「会社の中で役職や地位が同じ人」を意味する言葉で、組織の中でも特に接する機会の多い存在です。

組織内のレイヤーが同じであるがゆえに似たような悩みを抱えやすく、年代が近しいケースも多いので、心を許して助け合える唯一の存在ともいえます。サンクスカードを活用して、普段感じている感謝の気持ちを伝えてみましょう。

例文文字数
この間は〇〇の件でフォローしてくれてありがとう! おかげさまで無事に企画を成功させることができました。51
私が壁にぶつかったとき、いつも相談に乗ってくれてありがとう。〇〇が困ったときは、遠慮なく頼ってね!49
〇〇の頑張っている姿を見て、いつもパワーをもらっています!29
さっきは私の仕事に付き合わせてしまってごめんなさい! 私で力になれることがあったら、いつでも声かけてください!55

先輩・上司に使える例文・テンプレート

続いて、先輩や上司宛に使える例文をご紹介します。仕事でお世話になることが多く、感謝の気持ちを伝える機会も多い先輩や上司ですが、だからこそ、しっかりと感謝や尊敬の念を伝えることが、良好な人間関係を構築する上で大切です。

日頃から感じている「ありがとうの気持ち」を、サンクスカードに乗せて相手に届けましょう。

例文文字数
先日は〇〇の件でフォローいただき、本当にありがとうございました。これからもご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。58
先日は〇〇についてご指導いただき、ありがとうございました! さっそく明日からの営業活動に活かしていきます!53
〇〇についてご相談に乗っていただき、ありがとうございました。おかげさまで悩みが解消され、企画も前に進められそうです。58
私が困ったとき、いつも笑顔で助けて下さり、本当に感謝しています。これからは自分の力で道を切り拓いていけるよう頑張ります!60

後輩・部下に使える例文・テンプレート

続いて、後輩や部下宛に使える例文をご紹介します。組織風土の改革や、社内コミュニケーションの活性化に有効なサンクスカードですが、人材育成やチームマネジメントにも一定の効果が期待できます。

なぜなら、これらの活動においては、対象者を適切なタイミングで「褒める・認める」ことが重要であり、サンクスカードはその機会を提供することができるからです。

頑張ってくれた後輩や部下に労いの言葉をかけることは、結果として組織力の向上に寄与します。彼らの仕事ぶりをよく見た上で、サンクスカードを贈ってあげましょう。

例文文字数
〇〇の件、うまくまとめてくれてありがとう! おかげさまで企画を前進させることができました。これからもよろしく!55
〇〇の細やかな心配りに、いつも助けられています。これからも一緒に頑張っていきましょう。43
〇〇のとき、フォローしてくれてありがとう。非常に助かりました。困ったときは、いつでも頼ってください。これからもよろしくお願いします。65
私の無茶振りに、いつもポジティブな姿勢で応じてくれて、本当に助かってます!笑 これからも一緒に頑張っていこうー!55

例文を参考にしてサンクスカードを贈ろう

いかがでしょうか? 今回はサンクスカードのメッセージを書くときに使える「例文」や「テンプレート」を、シーン別にご紹介しました。「サンクスカードを贈りたいけど、うまい文章が思いつかない」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

サンクス機能があるビジネスチャット・社内SNS

筆者所属のワウテック株式会社では、組織のコミュニケーションをサポートするツールとして、ビジネスチャット・社内SNS「WowTalk(ワウトーク)」を提供しています。

“誰でも使える簡単な操作性”と、“業務形態に合わせて柔軟にカスタマイズできる管理機能”が特徴の法人向けチャットツールで、これまで累計10,000社以上の企業様方に導入させていただきました。

WowTalkは、皆様のコミュニケーション環境の改善にお役立ていただくための機能として、「サンクス機能」を標準搭載しています。

WowTalkのサンクス機能では、

  • デザイン化されたサンクスレターの送受信
  • サンクスレターの送受信数の確認

などが可能です。

WowTalk サンクス機能 イメージ画像

サンクスレターのデザインは、6種類のテンプレートから、お好きなものを選んでいただくことができます。また、サンクスレターの送受信数は、期間ごとにグラフ化して確認することができ、PCはもちろん、スマートフォンからも閲覧可能です。

WowTalkのサンクス機能をご活用いただくことで、日常で使うコミュニケーションツールから、気軽にサンクスカード制度をスタートできます。

チャットツールの新規導入やリプレイスを検討されている方はもちろん、新しくサンクスカード制度の導入を検討しているという企業様は、ぜひWowTalkの活用をご検討ください。

本記事のページ下部に、WowTalkに関する詳しい資料がダウンロードいただけるフォームを設定しております。無料ですぐにご入手いただけますので、お気軽にダウンロードください。

製品資料のダウンロードはこちら

導入実績10,000社を超えるビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」の機能やメリット、導入事例や効果を掲載した資料を無料でダウンロード。